本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

日本語教師のやりがいとは?

日本語教師のやりがいとしてまず挙げられるのが学生との付き合いです。

初めは日本語が全然出来なかった生徒が、徐々に日本語を使って色々なことを自分で成し遂げられるようになっている様子を見ることが出来る点が、何よりのやりがいとなります。

それまでは自分一人で買い物にいくことが出来なかったり、日本の文化を理解出来ずにとまどっていた生徒が自分の授業を受ける中でコミュニケーションがとれるまでに成長すると、今までの辛かったことも忘れることが出来るほどとても嬉しいです。

そして日本語学校を卒業しても遊びに来てくれたり、結婚をした場合は子どもや配偶者を連れて訪れてくれたり付き合いが出来る点も、やりがいとして挙げられます。

この付き合いが増えるというだけでは他の仕事にもよくあることですが、日本語教師の場合は他の仕事では出会えないような国の人や、多種多様な人々と交流することが出来ます。

また、今後のことを考える上で日本語教師としての経験は武器になることがあります。

中国や東南アジアでは日本語学校が急速に増えている状況ですが、日本語を教える人材が不足しています。

また海外で働いている日本語教師の質も、まだまだ発展途上なところがあり効率の良い教育を行えていないことも多いです。

そんな中で日本で教師としての経験があれば、需要は高く海外で働きたいと考えている方にはおすすめです。

さらに自分の経験を踏まえて日本語教育の発展に貢献することが出来るのは、とてもやりがいに繋がると考えられます。

誰がやっても同じような仕事であればそれほどやりがいを持って働くことは難しいですよね。

その点、日本語教師は生徒から「先生の授業を受けて日本語がわかるようになった」、「わからなかったところがわかるようになった」など、自分の働きが生徒にプラスの影響を与えていることが感じやすい仕事でありモチベーションの向上に繋がります。

このように給料は決して高くはない日本語教師の仕事ですがそれでもこの仕事をするメリットはたくさんあります。