本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

山口にある日本語教師養成講座420時間と大学

山口県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

ユーキャンの日本語教師養成講座
日本語教育能力検定試験 の合格対策講座です。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 東亜大学 人間科学部 国際交流学科 異文化コミュニケーションコース
  • 梅光学院大学 文学部 人文学科 日本語教員養成課程
  • 山口県立大学 国際文化学部 日本語教員養成課程

日本語教師の豆知識

日本語教師は非常勤の求人が多い

女性の日本語教員

日本語教師の求人は非常勤のものが多いです。生徒数の変動も大きく、突発的な仕事も多いからです。

また、地方の機関から出張レッスンをお願いされることも多くて、その近くに住む人を随時雇うという学校も多いです。

人気がなければ、辞めさせられるので、正社員ではなく、契約社員として雇用している学校も多いです。

日本だと健康保険や厚生年金の手続きや負担をしたくないから、常勤講師はなるべく雇いたくないという日本語学校も多いです。

海外だと就労ビザや労働許可の手続きが面倒だから、非常勤講師を好む傾向があります。

日本語教師は日本でも海外でも非常勤として働く場合が多いので、雇用が安定せず、収入も安定しないという特徴があります。

しかし、ここ最近の日本語教師の不足によって待遇は改善される傾向にあります。