本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

山形にある日本語教師養成講座420時間と大学

外国人の子どもに日本語を教えるボランティア

山形県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

日本のマンガは海外でも人気

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

日本語教師になって海外で働いたい

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

大学で日本語を専攻するのが目標の子ども

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 山形大学 地域教育文化学部 異文化交流コース

日本語教師の豆知識

笑顔はやりがいにつながります

日本語教師のやりがい

日本語教師という職業は、簡単そうに見えて意外と大変なお仕事です。他のお仕事と比べて給与は高いほうではなく、生徒に教える授業をするために授業の準備や毎月の行事とやることがたくさんあり大変な職業。

そんな中で、日本語教師という仕事のやりがいとしては、生徒が日に日に日本語を覚えていき、成長していく姿を見るとうれしいこと!!

初めのうちは日本語での会話が全くできなかった生徒でも、月日が経つにつれて少しずつ会話ができるようになると、講師の方も楽しく感じます。

また、学校が開催している行事などを通して生徒と仲良くなったり、生徒の日本語の成長と人間面での成長を見ることができるため、なんともいえない達成感を感じることがでるのです。