本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

富山にある日本語教師養成講座420時間と大学

富山県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



富山県の日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 富山大学 人文学部 言語学コース 日本語教育学

日本語教師の豆知識

日本語教師は授業の準備が大変!

女性の日本語教員

日本語教師が外国人に日本語を教える場合、事前い授業の準備に時間をかけています。

まずはその日に行う授業内容の確認です。その授業で初めて出てくる言葉や文法等の確認を行い、どこで間違いやすく、つまずきやすいかなどを確認していきます。

次に、どのような時間配分で授業を行っていくかをシミュレーションしていきます。前回の振り返りや宿題のチェック、新たに教えるところ、その定着を図る部分などをシミュレーションして、その日の計画を立てます。

最初のうちは授業の準備が大変で、数時間を要する日本語教師もいますが、慣れてくると効率よく準備を終えてしまう人もいることから、スキルや経験を重ねることが時間短縮につながります。