本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

栃木にある日本語教師養成講座420時間と大学

栃木県で日本語教師を目指す

栃木県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

日本のマンガは外国人の子供にも人気

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

ゾウに乗って観光

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

ユーキャンの日本語教師養成講座
日本語教育能力検定試験 の合格対策講座です。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

大学で日本語教師の資格を取得した学生

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 作新学院大学 人間文化学部

日本語教師の豆知識

日本語教師は50代女性が多い

日本語教師は女性が多いのはなぜ?

日本語教師は圧倒的に女性の比率が高い職業です。7〜8割が女性。 これだけ男女比に差が出るには理由がいくつかあります。

例えば日本語教師は非常勤講師の求人も多くあります。

フルタイムで働かなくてもよく、育児で時間の合間の好きな時間で働きたいママや、配偶者の扶養内で働きたい主婦には都合の良い仕事ですよね。

このように正規雇用ではなくパートタイムで働くことを希望する女性は多くいて、非常勤で雇いたい日本語学校側のニーズとマッチして、女性の日本語教師が増える結果となっていると考えられます。

男性が少ない理由としては、非常勤講師では担当できる時間数も限られているため、給与は思うように増えません。ボーナスもありません。まだまだ男性が妻子を養う風潮が強い現状では、家族を養えないと諦める場合が多いのです。

しかし経験と実績を積み、常勤講師(正社員)になれれば生活も安定してきます。男性の方も諦めないでくださいね。