本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

徳島にある日本語教師養成講座420時間と大学

徳島県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 徳島文理大学 文学部 日本語教員養成課程(副専攻)

日本語教師の豆知識

日本語教師の需要は増加している

女性の日本語教員

日本語を学習している人は、東南アジア諸国に住んでいる人達を中心として毎年増えているので、日本語教師の果たす役割はとても重要になって来ています。

そういったこともあって日本語教師の養成講座を開設している業者が沢山あり、実践で役に立つことを教えてくれるので、このような講座を受講している人が大勢います。

日本語を学ぶ人が増えているのは純粋に日本に興味を持っていると言う人もいますが、それに加えて将来日本で働くことを希望している人が増加していることを理由として挙げることができます。

グローバル化の進展に伴って日本の企業の中には東南アジア諸国の人達を積極的に採用しているところもあるので、給料の良い日本で働きたいと思い日本語を勉強している人が沢山います。

そのため日本語を学んでいる人が多い東南アジアを中心として日本語教師を求めている国が多いので、その需要は年々増加しています。