本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

埼玉にある日本語教師養成講座420時間と大学

埼玉県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 埼玉学園大学 人間学部 人間文化学科
  • 淑徳大学 日本語教員養成課程
  • 聖学院大学 人文学部 日本文化学科
  • 東京国際大学 国際関係学部
  • 獨協大学 日本語教員養成課程
  • 文教大学 日本語教員養成コース
  • 武蔵野学院大学 日本語教員養成課程

日本語教師の豆知識

直接法と間接法の違い

女性の日本語教員

【直接法】外国人に日本語を教える場合に、日本語教師が学習者に対して、学習者の母国語を用いずに、日本語のみで学習させる方法を直接法と表します。

純粋な直接法とは、日本語学習にあたって、学習者の母国語であったり日本語以外の言語を一切使用しないで、日本語のみで完結することです。

【間接法】これに対して、間接法とは、それ以外の方法、つまり学習者の母国語で日本語を教えることです。

特に日本語が全くわからない学習者に対しては、学習者の母国語を話しながら教えるほうが理解しやすいです。

わかりやすく例えで説明すると、日本人の初心者が英語を学習するとき、ほとんどが日本語でかかれたテキストを利用して、先生も日本語で説明してくれますよね。

日本語教師の養成にあたって実施されているのは、直接法と間接法の両方です。学習者の日本語のレベルに合わせて使い分けることになります。