本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

沖縄にある日本語教師養成講座420時間と大学

沖縄県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 沖縄大学 人文学部 国際コミュニケーション学科 日本語教員養成課程
  • 沖縄国際大学 総合文化学部 日本文化学科、英米言語文化学科
  • 名桜大学 国際学群 国際文化専攻,、語学教育専攻
  • 琉球大学 法文学部 国際言語文化学科等(副専攻)

日本語教師の豆知識

留学生はなぜ日本語を勉強するのか?

女性の日本語教員

留学生が日本語を学ぶ目的には、日本で働く際に役立つ、国際的な場で活躍しやすいなどが挙げられます。

例えば日本に残って働きたいと考えた際は、日本語を使えると仕事に役立つだけでなく、日本人との結婚へとつながる可能性がありますね。そのため、留学生が日本語を真剣に学ぶことは、十分に意義があることと言えるでしょう。

母国へ帰った時に日本語を流暢に使えていると、大きな企業に採用される確率が上昇します。

海外の企業は日本の企業との交流を深めていることから、日本語を話せる人を常に探しています。

そして上手く採用されると、仕事が豊富なことから、高い給料をもらえる結果につながりやすいですね。なのでその時は、お金を稼ぐという目的が達成されたと言えます。