本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

三重にある日本語教師養成講座420時間と大学

三重県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

ユーキャンの日本語教師養成講座
日本語教育能力検定試験 の合格対策講座です。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 鈴鹿大学 国際人間科学部 国際学科

日本語教師の豆知識

大学で日本語教育を学ぶメリット

大学で日本語教育を専攻するメリットとしては、留学生や外国人との交流が生まれる点です。

大学時代というのは人間関係を広げる絶大なチャンスです。日本のみならず世界に羽ばたける人間になるためのネットワークにつながります。

また、異文化や外国の歴史を知るきっかけにもなり、日本が世界でどのような位置づけで諸外国とどのような関係性を築いているかなどを勉強することが出来ます。

外国語の習得、きちんとした日本語を操れるようにもなり、資格習得も大きな強みとなって就職先の選択肢が広がる良さもあります。

そして、日本のみならず海外での就職も可能です。

海外の日本語学校や大学で日本語を教える先生になるには、最低でも大卒以上の学歴が求められます。大学院まででてから日本語教師になって人もたくさんいます。

大学や大学院では日本語の理論に関する深い知識を身につけることができます。

420時間講座よりもアカデミックな勉強をします。