本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

日本語教師になるために学ぶこと

海外との交流が盛んに行われるようになった今日、日本語を学びたいという外国人が急増しています。

それに伴い日本語教師の需要も増えています。

日本語を教えるのは、日本語を話せる人なら誰でもできるのではないだろうかと思う人もいるかもしれませんが、実際はそう簡単ではありません。

日本語教師になるためには、教えるのに必要な知識や技術など様々なことを学ぶ必要があるのです。

それでは実際、どのようなものを学ぶのでしょうか。学ぶことをまとめました。

日本語の構造・音声・語彙

まずは日本語の構造や音声、語彙など言語の基本となるものがあります。

私たちは日ごろ日本語を話していますが、これらのことを意識しながら話している人はほとんどいないのではないでしょうか。

日本語を学ぶ外国人にはこういった言語の基本も教えなければならないのです。

わかりやすく教える技術

また物事を教えるわけですから、分かりやすく効率よく教えられるような技術を学ぶ必要もあります。

きちんとした教え方を習得しておかなければ、伝えたいことが生徒に伝わらないということも考えられます。

それから生徒とうまくコミュニケーションが取れるようにコミュニケーション能力も向上させなければなりません。

このように日本語教師になるには日本語の基本的な知識と教授法、コミュニケーション能力の向上についてなどを学ぶ必要がありますが、これら以外にも学ばなければならないことがあります。

日本の社会・文化について

それは日本の社会や文化などについてです。

どの言語もその言語が話されている地域の社会や文化が根底にあるため、言語を教えるにはその言語を取り巻く社会や文化についても学ぶ必要があるのです。

また日本語教師は学歴の制限は特にありませんが、幅広い知識が必要なため大学卒業の学歴があるほうが望ましいといわれています。

実際就職して働く場合、大卒以上の学歴を求めらるケースが多くなっています。

現在では日本語教師になるための勉強ができる通信制大学もありますので、日本語教師の資格と大卒の資格を同時に取りたい人にはおすすめです。