本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

神奈川にある日本語教師養成講座420時間と大学

神奈川県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 神奈川大学 日本語教師養成課程
  • 関東学院大学 国際文化学部 比較文化学科 日本語教育課程
  • 相模女子大学 学芸学部 日本語日本文学学科
  • 専修大学 文学部 日本語学科
  • 東洋英和女学院大学 日本語教育課程
  • フェリス女学院大学 日本語教員養成講座
  • 横浜国立大学 教育人間科学部 学校教育課程 人間形成コース 日本語教育専門領域

日本語教師の豆知識

将来海外で仕事をしたい大学生が学生時代にするべきこと

女性の日本語教員

グローバル時代を迎えて久しい現在、日本国内だけではなく、海外にも活躍の幅を広げたいという若者は少なくありません。

そのような学生が、学生時代にぜひ行っておきたいことは、語学と旅行です。

海外勤務における語学の重要性は当然のこと。言葉が通じるからこそ、コミュニケーションがとれるのであり、仕事も結果を残せるのです。

まれに、英雄伝のように身振り手振りだけで外国で活躍したという人がいますが、それは特例中の特例だと思ってください。

そして、生活習慣や考え方の違いを知るためには、海外旅行による実見以上の経験はありません。

実際に異国で生活すれば、語学の上達も早くなります。だからこそ、学生のうちに英語をはじめとする語学を身に着け、旅行にも出てみるべきなのです。資金に余裕おある学生は留学もいいですよ。


日本語教育能力検定の内容

日本語教育能力検定試験は、日本語を学ぶ外国人に対して、実践的な日本語教育を行う為の知識などが、一定の水準を満たしているかを試験するものです。

検定試験には、マークシート方式の問題と、記述式の問題とがあります。 出題される内容は、言語一般の問題のほか、言語をとりまく社会や心理などの問題が出題されます。

言語と社会に関する問題の内容は、世界と日本、日本社会と異文化の関わりの他、言語政策や日本語教育哲学、アイデンティティ(自己確認あるいは帰属意識)などです。

言語と心理に関する問題は、心理言語学や認知言語学、教育工学など。

言語と教育に関する問題では、各国の教育制度やコミュニケーション学などが出題されます。詳細