本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

鹿児島にある日本語教師養成講座420時間と大学

鹿児島県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

ユーキャンの日本語教師養成講座
日本語教育能力検定試験 の合格対策講座です。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 鹿児島国際大学 国際文化学部 日本語教員養成課程(副専攻)
  • 鹿児島純心女子大学 国際人間学部 ことばと文化学科
  • 志學館大学 日本語教員養成副専攻課程(全学部)

日本語教師の豆知識

日本語教師の最終学歴

女性の日本語教員

日本語教師として働いていきたいと考えている方にとって、まず重要になるのがどの国で働くかということです。

というのも、日本国内で教師として働く場合は日本語教師養成講座の教育を受けていることが求められますが、海外の場合は必須条件ではありません。 そのため、日本語教師養成講座の有無はあまり重要ではありません。

最も重要なことは最終学歴です。 というのも、日本語教師として働いていく場合には大学を卒業している大卒の学歴を求められることがよくあります。

そのため、高校卒業・中学卒業の学歴では教師として働いていくことが出来ません。 それは海外でも同じです。

そのため、最終学歴が大学卒業以上でない社会人の方は、通信制大学で大卒を目指すか、日本語教師を仕事ではなくボランティアとしておこなうことになります。