本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

働きながら日本語教師になる1番の近道とは

日本語教師になりたいけれど働いている方、そして、できるだけ仕事と勉強を両立しながら目指していきたいと考えている方はたくさんいます。

日本語教師は国家資格ではないですが、中には大学を卒業した人や大学院を卒業してある程度の日本語に対する教養を持っている方もたくさんいます。

では、働きながら日本語教師になるにはどうしたらいいのでしょうか?

日本語教師養成講座420時間コース

ではどのようにして日本語教師を目指すのかというとまず一つ目に日本語教師養成講座と呼ばれているものがあるのでここで基礎から学ぶ場合は420時間養成コースを修了する必要があります。

このコースは自分で勉強するだけでは、なかなか取得することが難しいことをスクール学びながら身につけていくことが可能です。

しかし働きながら勉強をしたいと考えている人にとって、420時間の養成コースを受けることはなかなか難しい場合もあります。

そこで、夜間や週末コースがある学校を受けて資格を取得することをおすすめします。

普通よりも時間はかかるものの、働きながらは厳しいと諦めている方にも諦めずに目指すことが出来ますので、チャンスがあるなら出来る限り目指してみましょう。

日本語教育能力試験

続いては検定試験を受ける方法で日本語教育能力試験に合格するという方法もあります。

自分のペースで勉強することが出来て、働きながら日本語教師を目指すことが出来る有効な方法です。

さらに就職活動をする時にもこの資格があれば自分のアピールポイントになり有利な立場に立てます。

ただし自分で勉強して検定試験に臨むことも出来ますが、検定対策講座を受けながら資格取得を目指すのが1番の近道だと考えられます。

まとめ

このように学生として養成コースを受けたり資格取得を目指すよりも社会人は時間に余裕がなく短期間で集中して資格取得を目指すか、または時間をかけてでも自分のペースで空いている時間を仕事と両立するのか自分のニーズや状況に応じて選ぶことが求められます。

初めにしっかりと計画を立てておくことか1番の近道だと考えられます。