本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

群馬にある日本語教師養成講座420時間と大学

日本語を勉強する留学生

群馬県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

日本の文化は海外でも人気

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

50代から日本語教師を目指す

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

ユーキャンの日本語教師養成講座
日本語教育能力検定試験 の合格対策講座です。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

大学で日本語教育を勉強したい

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 群馬県立女子大学 文学部 国文学科
  • 共愛学園前橋国際大学 日本語教師養成プログラム

日本語教師の豆知識

50代60代から日本語教師になれる学校

50代・60代から日本語教師を目指しても遅くない!

日本における日本語教師は、50代・60代が大半を占めています。そもそも、日本で日本語を学ぶ外国人が増えたのは最近の傾向で、日本語教師の求人もそれに応じて増えているのです。

日本語教師になるためには、大学で日本語過程を修了するか、420時間の養成講座を修了するのが一般的です。しかし大学や語学学校で教えるのでなく、地域ボランティア等として活動するのであれば、基本的には資格は問われません。

一般的な退職年齢とされる60歳前後に一念発起して資格を取得、あるいはいきなりボランティア活動を行うスタイルで日本語教師をしている人が多いのが、50代・60代です。

若くないからといって日本語教師になる目標を諦めないでくださいね。いくつからはじめても遅くありませんよ。