本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

福島にある日本語教師養成講座420時間と大学

福島で日本語を勉強する留学生

福島県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

日本の文化が大好きな外国人

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

50代60代から日本語教師になれる

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

ユーキャンの日本語教師養成講座
日本語教育能力検定試験 の合格対策講座です。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

アメリカの大学生

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 福島大学 人間発達文化学類 日本語教員養成コース
  • いわき明星大学 人文学部 地域教養学科

日本語教師の豆知識

日本語教師の勉強は楽しい

私って日本語教師の適正があるのかな?

日本語教師としての適正が自分に有るか無いかを判断するには、日本語を教える経験をしてみることです。

外国の方との国際交流に参加したり、ボランティアで日本語を教える機会を見つけて積極的に参加しましょう。やってみる中で自分自身に日本語教師としての適性が有るかどうかおおよその判断がつくでしょう。

適正が本当にあるのかな?少し自信がなくても日本語教師養成スクール等に入学すれば、実際に外国人に日本語を教える実習をすることができます。勉強する中で少しずつ自信をつけていけばいいのです。

教えることに少しなれたら、海外でアシスタントボランティアとして教えるなど場数を踏むことで経験値があがります。適正があるか否か迷っている前に興味があれば思い切って前に進みましょう。