本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

福岡にある日本語教師養成講座420時間と大学

福岡県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 北九州市立大学 文学部 比較文化学科
  • 九州産業大学 国際文化学部 日本語教員養成課程
  • 西南女学院大学 人文学部 英語学科
  • 久留米大学 文学部 国際文化学科 日本語教育学(副専攻)課程
  • 筑紫女学園大学 文学部 日本語教員養成副専攻課程
  • 福岡大学 人文学部 日本語日本文学科他 日本語教員養成課程
  • 福岡女学院大学 人文学部 日本語教員養成コース
  • 福岡女子大学 国際文理学部 国際教養学科 日本言語文化履修コース

日本語教師の豆知識

日本語教師の留学経験

女性の日本語教員

日本語教師の中には、かつて全く関係のない仕事をしていたのにも関わらず、日本語教師の道を選んだ方が意外と多くいます。

そのきっかけとなったのが留学や語学学習などといった母国語以外に触れる機会を設けたことがある方です。

というのも、母国語以外の言葉を学ぶと、自分の国の言葉にも興味を持つようになります。 なぜこのような話し方をするのか、なぜこのような文法があるのか、などといったことを考えるように。

その結果、留学などを経験した方が日本語教師という職業を目指すことになります。自分の母国語を外国人に教えることを通して、その人たちの学習をサポートしたいと考えるからです。

そのため、日本語教師の中には留学を経験したことがある方が数多くいます。


海外で日本語教師の需要あり

以前であれば、中国と韓国といった海外で、日本語教師はとても活躍することができました。近年は人件費の高騰や反日感情なども相まって日本語学習者数に変化が生じてきています。

そのため海外での日本語教師の需要は、ASEANが主な活躍の場として注目を浴びています。

インドネシアやシンガポール、タイやフィリピン、ベトナム、マレーシアなどで日本語学習者や日本への留学生が急増しています。

ので、海外で日本語教師を目指している方はそうした国で働くことを目指すといいですよ。

特にベトナムでは日系企業が進出していますし、インドでは人口が12億もの巨大市場ともいえますので、今後日本語教師の需要は年々高まる傾向にあるといえます。