本文へスキップ

日本語教師養成講座420時間の学校と大学

青森にある日本語教師養成講座420時間と大学

青森県にある社会人や学生におすすめスクールと受験生向け大学・専門学校の一覧です。

日本語教師の資格を取得するには3つの方法があります。

日本語教師養成講座(420時間)を修了すること、日本語教育能力検定に合格すること 大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること。


日本語教師養成講座(通学)

社会人が働きながら通える日本語教師養成講座。大学生のダブルスクールにもおすすめ。

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。




日本語教師養成講座(通信・WEB講座)

自宅で日本語教師になるための勉強ができる通信教育とWEB講座(e-ラーニング・オンライン)。社会人・大学生におすすめ!

日本語教師の資格である日本語教師養成講座(420時間)と日本語教育能力検定の学習ができる学校です。


ヒューマンアカデミーたのまな
【コース】入門講座、日本語教育能力検定対策など
【特徴】DVDなどに出演している専任講師が1人ひとり丁寧に対応 。

アルク
【コース】NAFL日本語教師養成プログラム
【特徴】日本語教育能力検定試験合格率50%以上



日本語教育が学べる大学

日本語教員養成課程(主専攻・副専攻)で日本語教育が学べる大学です。

大学・大学院の日本語教育専攻で必修単位を取得すること』によって日本語教師の資格を取得することができます。


  • 弘前学院大学 文学部

日本語教師の豆知識

日本語学校は地震の影響で一時減りましたが再び増加傾向にあり

アニメや漫画などの日本の文化は海外からも注目され、日本語に興味を持っている外国人が増えてきています。

特に若者世代からは支持され、日本語を学びたいと考える人が増加していました。

ただ東日本大震災の後は学生数の減少により、日本語学校の危機に直面しました。余震による不安もそうですが、大気汚染の影響もあり、帰国してしまった学生の約8割は戻ってこなかったという状況でした。

しかし、地震の影響が少し落ち着いた2012年から再び増加し、現在まで日本語学校は年々増えています。

今までは漢字圏の外国人が中心となり日本語を学んでいましたが、近年では非漢字圏の外国人も学びやすい指導法も研究されています。学生数が増えたことにより日本語学校の数も増加傾向にあります。